メニュー

こどもの弱視検査

弱視は予防/治療のできる病気です。
いますぐスクリーニング検査を受けてみませんか?

当院かかりつけのお子さま(おすすめワクチンを当院でお受けになっている方)は8~10か月健診と1歳半健診の時に無料で実施します。それ以外の方は、予約が必要ですので、受付(046-278-3221)にお申し込みください。

「遅すぎた…」となる前に検査しましょう。

こどもの目の「弱視」は2~3%の確立でおこっています。
しかし弱視は早期に発見されれば有効な治療が可能です。

4歳以下で治療が開始できれば95%の弱視は改善できます。

お子さんの弱視治療は早ければ早いほど高い効果が期待できます。

80%

 

機器を使用しての目のスクリーニング検査

AAP(米国小児科学会:American Academy of Pediatrics)では3歳から5歳のお子さんには、通常の視力検査に加え、機器を使用した他覚的検査が有用であるとしています。

spotスポットビジョンスクリーナーは乳幼児から成人までの「見る能力」を迅速かつ正確に検知します。

【測定内容】

  • 近視/遠視/乱視/斜視
  • 不同視(近視や遠視などで左右の目の度数差があること)
  • 瞳孔不同(左右で瞳孔の大きさが違う状態)

【三歳児健診 目に関する検査項目(一部抜粋)】

  • 視線が合わない
  • 片目を隠すと嫌がる
  • 目の動きが気になる
  • テレビを近くで見ている。離れると見えにくいようだ
  • ものを見るとき、顔をしかめたり、目を細める
  • ものを見るとき、顔を傾ける
  • 顔を回して横目でものを見る
  • 明るい戸外で片目をつぶる
  • 上目づかいで見る

上記項目に該当することがありましたら、是非一度目のスクリーニング検査を受けましょう。

弱視?私たちは目の網膜に像が映っただけではものを見ることができません。両目からその像が視神経を通って大脳に伝えられてはじめて見えます。この道筋を視覚伝導路といいます。

毎日目を使って絶えずものを見ていないと、子どもの視力は発達しません。発達の途中になにかの原因でものが見えくい時期があると、見にくい方の目は視力の発達が止まってしまいます。
ものをはっきり見ることができにくい状態にあると、視覚伝導路に適切な刺激が与えられないことになります。子ども の視力の発達にはこの刺激が必要で、それのない状態だと視力の発達が止まり「弱視」になるのです。

弱視が良くなるかどうかは、視力の発達がどの程度、またどれ位の期間おさえられているかによります。程度が強いほど、期間が長いほど、弱視の回復は困難になります。 弱視により、子どもの知的成長の障害、学力の発達のさまたげになることもあります。

childおこさんの目は見えていないかも知れません
そしてそれに気づけていないかも知れません

目が悪いことは、日常生活では気づけない場合も多いのです

「目が悪い」ことに気付くためには専門のスクリーニング検査が必要です。
早く気付くことで、お子さんの明るい未来につながります。

50人に1 人のお子さんが「弱視」がある可能性があります

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME