お勧め予防接種スケジュール


 わが国でも最近の2年間で3種類の新しいワクチンがお子さんに接種できるようになりました。
 髄膜炎、敗血症、肺炎、中耳炎などからお子さんを守ることのできるヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチン、 それにロタ胃腸炎による脱水症、脳炎、脳症を予防するロタウイルスワクチンです。 また、B型肝炎ウイルスは母子感染予防にのみ注意が向けられていましたが、 保育園や幼稚園での水平感染が起きていることが明らかとなり、 お子さんの健康には乳児早期からの接種が重要と考えられるようになっています。
 以上より生後2ヶ月から、4種類のワクチン接種を同時接種で開始することが大切です。

ワクチン接種の大切なポイントは
 「ワクチンデビューは生後2か月のお誕生日から! 2か月になったらすぐに受けましょう」
 「B型肝炎ワクチンとロタウイルスワクチンも受けましょう!
  任意接種で有料になりますが、受ける価値は十分にあります」
 「同時接種で早く、確実に免疫を獲得しましょう!」
 「ワクチンで予防できる病気は、ワクチンで予防しましょう!」
の4点です。

1歳までの愛育こどもクリニックお勧め予防接種スケジュールです。

 @ 生後2か月  B型肝炎ロタウイルスヒブ肺炎球菌の1回目
 A 生後3か月(@から4週間以上空けます)  B型肝炎ロタウイルスヒブ肺炎球菌の2回目と 四種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳・ポリオ)の1回目
 B 生後4か月(Aから4週間空けます)  ロタウイルスヒブワクチン肺炎球菌の3回目と 四種混合の2回目
 C Bから4週間後  四種混合の3回目
 D Cから1週間過ぎたら、 BCG(大和市・座間市・綾瀬市は集団接種です)
 E 生後8〜9か月になったら、 B型肝炎の3回目
 F 1歳になったらすぐに  麻疹・風疹混合ワクチンの1回目、 ヒブワクチン肺炎球菌の4回目

 このように、4種類ないし5種類のワクチンを同じ日に接種する 同時接種が可能です。 同時接種は海外で広く行われていますし、当クリニックでも沢山のお子さんに同時接種を行っています。 ここ2年間の経験では、副反応が多くなるなどの問題は全くありません。 免疫を早く獲得して健康な生活が送れるようになるので、同時接種をお勧めしています。
 以下に図示したのが、お勧めスケジュールです。